勉強会

10月25日(水)は、スタッフ梅野・野中による色覚異常についての勉強会でした。

色覚異常とは、正常とされる他の大勢の人とは色が異なって見えてしまう・感じてしまう状態のことをいいます。

〈検査方法〉

・色覚検査表を用いた検査(石原色覚検査表・標準色覚検査表)

・色相配列検査(パネルD-15)

・アノマロスコープ

・ランタン・テスト

〈色覚異常の種類〉

1型色覚:L-錐体(赤錐体)の異常

(黄緑と橙、緑と茶や灰色、青と紫、ピンクと灰色を混合しやすい。赤が薄暗く見える)

2型色覚:M-錐体(緑錐体)の異常

(1型色覚と同じような色が混合しやすい。違いは赤に対する明るさの感じ方。場合によっては灰色と混同する可能性がある)

3型色覚:S-錐体(青錐体)の異常

(強度の場合には、黄が灰色に見え、青緑から紫にかけての色が緑または青緑に見える)

一部の職種や資格(航空機パイロット、鉄道運転士、船舶航海士など)では制限を受ける場合があります。科学的に根拠のある有効な治療法はありませんが、早期発見することで、色覚についての知識を正確に知っておくことが重要です。

次に、副院長より白内障についてでした。

日本臨床眼科学会 市民公開講座 “焦点“

の動画を観ました。

〈白内障の症状〉

・眼のかすみ

・視力低下

・まぶしい

・眼鏡が合わなくなってきた

白内障の手術は手遅れになることはないので、運転に必要な視力、生活に支障が出てきてから手術することが多いです。

気になることがあれば眼科受診をお勧めします。

治久丸

関連記事

  1. 今週のフラワーアレンジメント

  2. 今週のフラワーアレンジメント

  3. 今週のフラワーアレンジメント

  4. もうすぐクリスマス🎄

  5. 今週のフラワーアレンジメント

  6. 耳鼻科休診のお知らせ

PAGE TOP